プロフィール

針塚

Author:針塚
Xbox・PC版タグ:HARITSUKA ANN
PS3タグ:HARITSUKA_AN
ついったー→haritsuka

 
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今回はダッドリー

基本的に有利な組み合わせだが、通常技対空では絶対に落とせない飛びがあったり大K仕込みEXマシに噛み合うとひどいことになったりでわかってる相手だとそこまで楽に戦える組み合わせでもない

ダッドリー戦でのキモは対空
確実に落とせるのは近大P,大サイコ、UC対空の3つ
端に詰めた時は近大P対空を狙いやすいので狙っていく
大サイコ対空はザンギ戦などでもそうだが出せるようにしておきたい どんな飛びでも落とせる最強対空
UC溜まったらUC対空も視野に入れる
このあたりの対空は基本的に近めで飛び込んできた場合
遠目で飛び込んできた場合は大Kなどでも落とせるが、無理はしない
着地に中足はコパンなどに負けがち 置いていたとしても負けたりするのでちょいまちの大Kや大パンを振るといい感じで勝てる
着地即大パンの持続に負けたりするので基本は様子見が安定
着地にダブニーは危険なので振らない。

地上戦は基本的に大Kの先端を当てていく
この時置いていくようにして出すと大KEXマシを食らうので確実に当てていく
向こうの大Pなどを見てから差し返していくのがよろしい
向こうの大Kの対策は遠距離大パンチ。
この技は判定が鬼のように強いので先端当てや置き気味に出しておくとダッドリーの大K、しゃがみ中パンチ等の判定の強い仕込み技を潰せる
また遠目の対空に使うのもよい
ただしスキは大きめなので飛びを合わされたりすると悲惨 アクセント程度にしておこう

相手の固めに対してはバクステやワープをこすって逃げる ダッドリーはバクステ狩りが極端に弱いのでEXサイコやニーでの暴れを混ぜつつ出していけばそうそう噛み合わない

被起き攻めは基本通りの逃げでよい
ノーマルデビリバでくらい逃げは中段も後に続かないしその後着地にワープをこすれば一点読み前ジャンプや見てからUCでもされない限り安全

起き攻めはめくり詐欺大Pに大Kを仕込むとよい
クロカンに負けるが向こうもリスクが高いのでそうそう出してこない
そうしておいて時折大Kでめくりを狙うと大ダメージが取れて美味しい

こちらの固め中にSSBをこする相手には遅らせの中足仕込みで狩れるタイミングがあるので覚えよう
端でのEXサイコは何故かダッドリーとサガットだけ密着で出しても表に着地することが多い
何にしろ有利は取れているのでガード方向を揺さぶりつつ攻めを継続しよう
スポンサーサイト
2014/05/10(土) 21:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
そろそろ100戦いきそうなのでウル4のベガ周りその他の感想など

ベガそのものについてだが、実質強化と言ってよいのではないかな
タメキャラの中では群を抜いて強いと思う
ディレイスタンディングと立ち中パン、そしてなによりしゃがみ強パンチの発生の恩恵が大きい
ちなみに立ち中パンについてだが、コンボ以外であまり使えないと思っている人が多いようだがそんなことはない
打点がそこまで高すぎるということがないのでしゃがんでいる相手にもけっこう当たるし、対空としても使える
ユンの雷撃などをこれで落としてめくりサイコを狙ったり、バイソン等のEXアーマー持ち突進にEXサイコ仕込みで振るのも強い
また、リーチも長めなのでコーディーの小足の範囲外から一方的に殴れたりもする
セビが強いキャラは立ち中K大K等に結構セビを狙ってくるが、これを立ち中パンニー仕込みで振るなどもよろしい
これはしゃがみ中パンや中足でもできるがキャラによっては立ち中パンの方がよかったりする

しゃがみ大パンはおそらく判定をいじられている
かなり頼れる対空技になった。もはや立ち大K対空は使う意味があまりない。反応が遅れた時用か

EXニーの弾抜けは思ったよりすごい
リュウ・サガット戦は完全に有利と言っていいのではないか

ワープの弱体、これは思ったよりも影響が大きい
バルログのEXバルセに対しての反撃がかなりやりづらくなったし、見てから差し返されやすくなったので起き上がりリバサで出すのは控えたほうがいいかもしれない

弱ニーの-1はキャラクターによってはあまりにも酷いことになった。
もうガイル、ジュリ戦は終戦

全体的に、いけるキャラにはより行けるようになり、いけなかったキャラにはさらに厳しくなるというあんまりよろしくない調整
しかもまた調整が入るとかで一体何がしたいのかよくわからないね
2014/05/07(水) 21:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
リクエストに答えようのコーナー


さて、サガット戦だが、スト4での地獄を体験したベガ使いにとってサガット対策というのは避けて通れれない道であったが、スパ4以降かつての暴力的なまでの強さは影を潜め、またキャラが増えた事もあってかかつてのような勢いはない。
しかし、未だに強キャラの部類であり、私はまだプレイしていないがウル4の調整内容を見るに今回も上キャラであることは間違いないだろう。
そこで、リクエストに答えることももちろんだが、自分の頭のなかの整理を含めここで一度サガット戦をまとめておこう。

まずは基本の対空から。
初代スト4で猛威を振るったJ中Pは大幅に弱体化され、基本的にサガットへの対空は大Kで問題ない。
特に中P、大Kあたりで飛び込んでくるサガットは楽。実は大K対空に相性が悪いのはJ大P飛び込み。
これを大Kに勝つ間合いで飛び込んでくるサガットに対しては2大Pに切り替えよう。
とはいえJ大Pでもそこそこの確率で大Kで落とせるので距離さえ間違えなければ大K対空でよい。

基本的に中距離~遠距離ではベガ側にやることはないので接近戦に持ち込みたいところ。
遠距離であればセビステ、垂直などでじっくりと距離を詰める。
弱玉を垂直すると移動アパカで落とされたりするのでその間合いはガードやセビなどに切り替え。
中距離まで近づけたらステップ、大中K、弱ニーなど。
この距離まで近づくとそうそう甘い弾は打ってくれないが、逆に言うと弾を抑制できる距離でもある。
ショットにはEXニーを確実に出したいが弱上ショットは弾速の遅さ、スキの小ささから魂抜けできるタイミングで出してもガードされることが多いのでどの強度かは瞬時に見極める必要がある。
EXショット意外であればセビステでこちらのターンにできるのでセビステして有利を取れる距離での弾はセビを主軸にしよう。
この時あまりにも弾処理に集中し過ぎると飛びやニーが飛んでくるので様子見も織り交ぜていく。
ニーはきっちりみてから立ちガード。見てからEXニーができると心強い。
ニーにEXニーは端攻めで強引に脱出しようとしてくるところにも刺さるのでぜひ出せるようにしたい。
こちらのタメ確認をしてくるサガットは垂直が多くなる。これはきちんと見てから歩き大K。下に判定が強く反応が遅れると大Kが潰されたりするので無理はしない。前に歩いてとりあえず距離を詰めるか着地に弱ニーあたりでお茶を濁す。

このあたりの攻防がうまく行けばサガット側は画面端に追い詰められているはず。
このサガットを端に追い詰める、というのが勝ちへの第一歩。
横着に前ジャンプからのコンボなどで強引に端にもっていこうとするのは基本的に愚策。アッパーカットの餌食だ。
とはいえ全く見せないのも地上戦に完全に意識を向かわせてしまうので一試合に一度くらいは落とされるの上等で飛びを見せてもよい。

端で弱ニーをガードさせた後はこちらに有利な読み合いができる。
暴れ小技、垂直or前ジャンプ、セビ、EXショット等で状況の打開を図ってくるはずだ。
これらについてはしっかり見てから対処できるようにしたい。
小技暴れには遅らせニー、大Kなどで潰す。
EXショットはこの状況では見てから抜けるのはキビシイのでおとなしくガードするのが無難。ガードしてもそこまで距離は離れないので慌てずにまた距離を詰める。
もちろん反応できれば弾抜け。
この端攻め状況であれば飛びも視野に入る。サガットの背中に落ちるようにするJ大P飛び込みはアパカで振り向きづらいのでショット読みがハマればおいしい。
前ジャンプだけは絶対に通してはならない。せっかくの積み上げてきた苦労が無になってしまう。

基本的にこの端攻めで大幅なリードを取ればあとはそのまま殺すなり、距離を話して弱ニー空振りやデビリバでゲージを貯めつつ相手をじらしても良い。
アパカにさえ注意すれば勝利は目の前だ。
2014/04/27(日) 02:17 | コメント:1 | トラックバック:0 |
大会に出て少しだ~けスパ4のモチベが上がったので。

浮き剛拳とけっこう対戦したのもありここで一度剛拳戦をまとめておく。


まず、大前提として ガン有利 ということは覚えておこう。
同レベルの実力の相手ならば負け越すことはありえないというレベルの組み合わせ。

基本的に剛拳戦で気をつけるポイントは数点あり、そこを抑えておけばポロリする場面をかなり無くすことができる。
端に追い詰めた時に就いてだが、剛拳の拒否技はどれも性能が悪く、リターンを得ようとする行動にはかなりリスクがつきまとうためガードもしくはEX百鬼を選択する事が多い。
EX百鬼逃げには光ったの確認してのちょい歩き大Kで空中の剛拳を蹴り落とす。
P派生の場合受け止められるが着地にまた技を重ねられるので問題はない。
これができないようだとお話にならないため絶対に反応すること。
とりあえずコパンを重ねて剛拳側の行動を見て対処するのが安全だ。
EX竜巻はスカるのでセビ3や垂直J攻撃から最大を叩き込む。
当て身暴れもEX竜巻と同じく大博打なので読めれば様子見からフルコン。
当て身読みでの投げ重ねは安全に見えるがあまりよくない。
剛拳の近中Kは剛拳唯一の3F技のため、通常技で暴れる場合これで暴れてくる場合が多い。
またEX竜巻やUCパナシも食らってしまう。
コパン重ね、様子見を基本としてそこから投げやダブニーに派生して固めていく。
EXサイコ重ねもかなり強い。剛拳側に返す手段なし。UCも反対に出る。
ガードさせた後はベガ側が有利なので小足からいろいろ。
ニーをガードさせた後は即ニー、一瞬待っての再度ニー、大K、様子見が基本。
リバサ大足を選択された場合大Kや即ニーは負けてしまうが、大した起き攻めもないのである程度強気に行く。
垂直Jには注意。即ニーはともかくちょい待ちのニーは垂直に噛み合うとそこからすさまじいダメージを奪われる。
そういう時は様子見からJしたのを見てちょい歩き大K。反応できるならばJ中P。
ちなみに刺し合いをしてる時の垂直Jは落としに行くかどうかの判断には気を使おう。
剛拳の垂直大Pは発生、判定共に強くタイミングや距離が悪いと一方的に負ける。
また、ニーガード後は(セビ)前ステにも注意を払おう。垂直やリバサ大足えお警戒して様子を見ているところにこれらをぶっ込んでくる剛拳は非常に多い。
冷静に小足で追い払う。
これは前述した刺し合いをしている時にもよく狙ってくるのできちんと画面を見ておくこと。
剛拳はベガとまともに差し合う技をほとんどもたないのでこういった行動に出るしかないのだ。
端に追い詰めるまでだが、基本リュウ戦と同じように戦えばよい。
リュウのやっかいな中足がない分だいぶ楽だが、安易なセビステや飛びはしないこと。
有利な相手だからこそ盤石に立ちまわるのだ。
2014/01/12(日) 06:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
戦っていて楽しくてしょうがない相手というのは数少ないが、その中の一人がリュウ
剛拳戦とかは別の意味で楽しいがそれはキャラ差がありすぎるから楽しいだけなので楽しさのベクトルが違う

詰めればおそらくベガ微有利まである組み合わせだと思うのでリュウ戦がツライと思ってる人はきちんと立ち回りを見直そう

相手の対策度合いはグラマスクラス以上を想定しています

開幕は様子見か、前に歩く
大足先端の間合いに入るとタメがない場合こちらは痛い反撃を入れ辛いため、下段ガードをしっかりと意識する
基本の間合いは定石通り中K先端の間合いをキープ
波動には安易なセビステはしない もちろん全くやらないのはダメだし、こちらのセビステに反応できないヌルい相手ならどんどんやっていい
垂直とガードで徐々に追い詰めていく
波動の呼吸が読めたら思い切ってジャンプしてもいいが、できることなら一試合通して一度も飛ばないくらいの根性でいく
波動モーションは若干前に出るため相打ち常用で中K先端を当てにいってもいい
きちんと先端の間合いでカニればリュウの中足は食らわない
この攻防で重要なのはきちんと上を見ることと、リュウの前ステ、前歩きに注意すること
体力リードされたリュウは中足灼熱から滅を狙ってくることが多い
おもむろに前ジャンプからすかし中足灼熱滅なども注意
これに対抗するために、相手にリベンジゲージ及び青ゲージがある場合対空はEXサイコでひき逃げを狙うのがよい
中足置きは負けがち(これはケン戦にも言えるがベガの中足はあまり判定的には信頼出来ない)
すかし昇竜ぶっぱには負けるが悪い読み合いではない

それ以外の場合は対空は基本通りの2大P。これが出せないとお話にならないのでちゃんと意識すること
端に追い詰めたときは立ち大パン対空もできるようにしておくと心強い

端攻めは安易にダブニーは振らない
垂直、リバサ波動、リバサ前ジャンプなど見てから対抗できる行動は数多い
わざわざこちらからリスクのある行動をして反撃チャンスを与えることはない
リュウをイラつかせてストレス大昇竜を釣れればしめたもの
リュウ戦はひとつひとつの対処の完璧さが求められる組み合わせなので数やって慣れよう

起き攻めの安定はヘッドプレス重ね。
リュウ側に対抗手段なしなので起き攻めに困ったらとりあえずヘップレを重ねよう
EX昇竜に運が悪いと負けるがカス当たりになるのでどうってことない
体感フレーム消費に自信があるならめくり詐欺飛びで昇竜をスカせればおいしい
しかしタイミングはシビアなので要練習&無理には狙わないこと

被起き攻めについて
めくり竜巻はともかく、普通に飛んでくるリュウの裏表は比較的ガードしやすい部類なので頑張ってガードする
EXサイコやワープ逃げはキッチリ二分の一の確率で逃げられるが50%を引けないと起き攻めがループする
そんな博打を打つよりはとりあえずキッチリガードしてワープやEXサイコを打つほうがよい

端の被起き攻め、これはきつい
リュウ戦で負ける原因は端の起き攻めで殺されることが8割と言っても過言ではない
後ろワープは出せないため、EXサイコorニーしかリバサで出せる無敵技はないが仕込み昇竜に一方的に負けるためガードを強いられる
さらに表or裏落ちからのすかし小足もあるため完璧にガードするのは困難
ただし、リュウ側は端攻めをキープしたいはずなのですかし下段が裏の場合はあまりない
これはケンやさくら戦でも同様
辛いときにこそ相手の思考を読むのが大事ってことだね
なお漢の前ワープぶっぱという最終手段もある
EXサイコ狩り用の昇竜が釣れればかなり痛い反撃を入れられるがあくまで最終手段

とりあえずここまで
2012/09/29(土) 15:45 | コメント:1 | トラックバック:1 |
検索フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。