プロフィール

針塚

Author:針塚
Xbox・PC版タグ:HARITSUKA ANN
PS3タグ:HARITSUKA_AN
ついったー→haritsuka

 
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
戦っていて楽しくてしょうがない相手というのは数少ないが、その中の一人がリュウ
剛拳戦とかは別の意味で楽しいがそれはキャラ差がありすぎるから楽しいだけなので楽しさのベクトルが違う

詰めればおそらくベガ微有利まである組み合わせだと思うのでリュウ戦がツライと思ってる人はきちんと立ち回りを見直そう

相手の対策度合いはグラマスクラス以上を想定しています

開幕は様子見か、前に歩く
大足先端の間合いに入るとタメがない場合こちらは痛い反撃を入れ辛いため、下段ガードをしっかりと意識する
基本の間合いは定石通り中K先端の間合いをキープ
波動には安易なセビステはしない もちろん全くやらないのはダメだし、こちらのセビステに反応できないヌルい相手ならどんどんやっていい
垂直とガードで徐々に追い詰めていく
波動の呼吸が読めたら思い切ってジャンプしてもいいが、できることなら一試合通して一度も飛ばないくらいの根性でいく
波動モーションは若干前に出るため相打ち常用で中K先端を当てにいってもいい
きちんと先端の間合いでカニればリュウの中足は食らわない
この攻防で重要なのはきちんと上を見ることと、リュウの前ステ、前歩きに注意すること
体力リードされたリュウは中足灼熱から滅を狙ってくることが多い
おもむろに前ジャンプからすかし中足灼熱滅なども注意
これに対抗するために、相手にリベンジゲージ及び青ゲージがある場合対空はEXサイコでひき逃げを狙うのがよい
中足置きは負けがち(これはケン戦にも言えるがベガの中足はあまり判定的には信頼出来ない)
すかし昇竜ぶっぱには負けるが悪い読み合いではない

それ以外の場合は対空は基本通りの2大P。これが出せないとお話にならないのでちゃんと意識すること
端に追い詰めたときは立ち大パン対空もできるようにしておくと心強い

端攻めは安易にダブニーは振らない
垂直、リバサ波動、リバサ前ジャンプなど見てから対抗できる行動は数多い
わざわざこちらからリスクのある行動をして反撃チャンスを与えることはない
リュウをイラつかせてストレス大昇竜を釣れればしめたもの
リュウ戦はひとつひとつの対処の完璧さが求められる組み合わせなので数やって慣れよう

起き攻めの安定はヘッドプレス重ね。
リュウ側に対抗手段なしなので起き攻めに困ったらとりあえずヘップレを重ねよう
EX昇竜に運が悪いと負けるがカス当たりになるのでどうってことない
体感フレーム消費に自信があるならめくり詐欺飛びで昇竜をスカせればおいしい
しかしタイミングはシビアなので要練習&無理には狙わないこと

被起き攻めについて
めくり竜巻はともかく、普通に飛んでくるリュウの裏表は比較的ガードしやすい部類なので頑張ってガードする
EXサイコやワープ逃げはキッチリ二分の一の確率で逃げられるが50%を引けないと起き攻めがループする
そんな博打を打つよりはとりあえずキッチリガードしてワープやEXサイコを打つほうがよい

端の被起き攻め、これはきつい
リュウ戦で負ける原因は端の起き攻めで殺されることが8割と言っても過言ではない
後ろワープは出せないため、EXサイコorニーしかリバサで出せる無敵技はないが仕込み昇竜に一方的に負けるためガードを強いられる
さらに表or裏落ちからのすかし小足もあるため完璧にガードするのは困難
ただし、リュウ側は端攻めをキープしたいはずなのですかし下段が裏の場合はあまりない
これはケンやさくら戦でも同様
辛いときにこそ相手の思考を読むのが大事ってことだね
なお漢の前ワープぶっぱという最終手段もある
EXサイコ狩り用の昇竜が釣れればかなり痛い反撃を入れられるがあくまで最終手段

とりあえずここまで
スポンサーサイト
2012/09/29(土) 15:45 | コメント:1 | トラックバック:1 |
結局一番安定して勝てないのはコイツかもしれない

とにかく牽制合戦、起き攻め、被起き攻め全てリスク・リターンが取れていない
それに加えて完全対空まで持っている始末

牽制合戦は色々と考えたが結局のところ大Kを振り回す以外にない
ダブニーは極稀に出す程度
相手の垂直に引っかかると目も当てられないうえに相手の置き技に引っかかりがち
終わり際を当てるようにすればそれは防げるがそこはまこと側も垂直やセビを置きたい距離
はっきり言ってしょうもないジャンケンに常に付き合わされている感じで、同じようなホーク戦でさえ間違えなければ比較的安全策が存在するのだがコイツだけは無理

じゃあ相手の技の差し返しを狙うのかと思われがちだがダッシュからの低空剣&EX唐草というクソクソアンドクソ択を持っているため技を置かないわけにもいかない
ダッシュ硬直はもちろん存在するので見てから小足を差し込むのが一番良いのだが相手の牽制や飛びを見つつステまで気を配るというのはあまりに机上の空論、現実的でなさすぎる

結局のところできるのは大Kを振り回す、これに帰着すると思うが何かいい立ち回りがあるだろうか?

被起き攻めは唐草が怖いがとりあえずガードする、もしくはワープというのが一番安牌かもしれない
その他のこちらの拒否行動はBJで全て手痛い反撃をもらう

起き攻めに関しては、投げからなら詐欺飛びを狙い(EX唐草に捕まれない6F詐欺にすること)、それ以外の場合はニー、大K重ねあたりか。
相手の体力がEXサイコで削り倒せる場合はEXサイコを上手く重ねればUCはスカるので安全に勝てる
ただしこの重ねはジャンプで避けられるため気をつけよう
ザンギ戦の如く距離をとって何もしないというのも消極的だが選択せざるを得ない
リターンのみを取りに来るまことは非常に多いためリバサ前ステやらUCぶっぱなど当たり前のごとくやってくる
そしてベガ側はそれが一番怖い

とりあえずここまで
愚痴ばかりになってしまったが対策が進み次第加筆します
2012/09/11(火) 09:51 | コメント:3 | トラックバック:0 |
単なる動画報告のためだけにブログを腐らせておくのもなんなのでメモついでに思いついたことを書いておこうと思う

フォルテ戦

基本的にベガ有利な組み合わせではあるが、レベル差がある相手にも安定して10:0つけるのはなかなか難しい
とりあえず開幕は大サイコパナして相手の対策具合を探る
こいつを食らってくれたりガードしてもうまく反撃を入れてこない相手はカモ
対策なんぞ考える必要なし サイコ適当にパナして端で殺せばいい

ちゃんとサイコにリスクを与えてくる相手だと仮定して対策を立てる
正直言ってどの間合いで戦うのかまだ答えが出ない
それでもだいたい勝ててしまうのはやはり有利であるからなんだろうがしっかり理屈立てて立ちまわりたい
三角飛びの対処はBJ中Pが安定なのかな
それでもプレスに負けることがあったりと安定しない なにかいい方法があったら知りたいところ
基本的に弱ニーはあんまよくない
Bアバネロからのプロペラやプレスでスカサれて負けること多し

被起き攻めはフォルテがアバネロの構えから飛んだのを見たらEXニーがよい
タメ消されてたらジャンケンなのでがんばる

フォルテ相手の起き攻めはエミリオか投げ、サイコあたりがいいかな
端だとEXアバネロから大Pループいかれたりするので投げ多めとおきたいがそうするとバクステからこれまた反撃をもらうので難しい
EXサイコ重ねがなかなか機能するがガードされてたら有利Fを取れるものの端から逃してしまうので微妙
2012/09/06(木) 06:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。